毛穴の開きを治したい

毛穴の開きを治すのにはどうしたらいいの?どんな化粧品を使えば治すことが出来るの?そんな悩みに応えるブログ

*

毛穴の開きを治したい

毛穴の開きを治したい。アップで写真を撮られるのが恐い。
そのような悩みは歳とともに誰でも感じるようになってきます。
でも、世の中の化粧品の種類の多さは余りにも多くて、いったいどれを使ったらいいのか、そしてどれが自分に合っているのか、いつも迷ってしまいます。

治すために日頃からどのような事に気をつけたらいいのか、そのためのスキンケア方法はどうすればいいのか、化粧品を選ぶ時にはどういう事に気をつけたらいいのか、ビタミンC等の有効成分はちゃんと入っているのか、気になることが沢山ありすぎて、訳が分からなくなってきてしまいます。

ポイントはわかっているんです。それは「洗顔」「保湿」

でも、その2点に絞っても、種類はとってもとっても多いんです。

そこで、どういう視点で化粧品を選んだらいいのか、失敗しない選び方を紹介します。

綺麗に治すための化粧品選びのポイントとは?

  • 汚れは落ちが良く、しかし必要以上に皮脂を奪わない肌にやさしい洗顔料
  • ビタミンCなどの有効成分が角質層の奥まで届く、浸透力の高さ
  • サポートのしっかししているメーカー製品

この3点は必ず押さえておきたいポイントです。
痕を残さず綺麗に治し、さらにその後の維持ケアまで考えられている化粧品を選ぶのが長く使って行ける化粧品選びの大事なポイントなのです。

毛穴の開きを治すための化粧品ランキング

1位 ビーグレン

>>>詳細はこちらから

ビーグレンはテレビや雑誌などには広告宣伝費をかけていません。つまり、この人気は全てクチコミで広まってきたものなんです。
そして、高いリピート率を誇っています。というのも、ビーグレンには他社には絶対に真似の出来ない浸透技術の国際特許を持っているんですね。
有効成分はお肌に浸透してこそ効果が発揮されます。

4種類のお肌のお悩みのうち、ご自身のお悩みに合った製品セットも必ずありますので、是非トライアルでその効果を実感してみて下さい。

365日返金保証も付いていますので安心してご使用になれます。

>>>詳細はこちらから

2位 草花木果

>>>詳細はこちらから

草花木果の毛穴対策用スキンケアセットです。洗顔ミルクと化粧水とマスクジェルの3つのセットからなります。

この悩みをお持ちの人専用に特化した製品で、リピート率はとても高く、20代から40代の方まで幅広い世代の悩みに対応、広く支持されています。

トライアルセットは「しっとりタイプ」と「さっぱりタイプ」の2種類から選ぶことができます。

>>>詳細はこちらから

3位 フルリ クリアゲルクレンズ

>>>詳細はこちらから

フルリ クリアゲルクレンズは、無添加クレンジングに注力した毛穴ケア製品です。
簡単クレンジングとかW洗顔不要などという流れに逆らい、あえて地肌のケアを真剣に追求した結果、W洗顔を推奨しています。
これは、汚れ落ちとお肌への優しさという、相反する目的を同時に叶えるための結論とのこと。

世界初の特許申請中の酸化還元電位の最も低い特別な水を使い、アンチエイジング成分、こだわりの12の無添加項目など、徹底的にお肌の事を考えられたスキンケア製品です。

初回限定で送料無料、無期限現金保証がついています。

>>>詳細はこちらから

4位 マナラホットクレンジングゲル

>>>詳細はこちらから

マナラホットクレンジングゲルは毛穴のポツポツやカサカサをクレンジングで解決しようという製品です。

クレンジング後なのになぜか潤っているという、不思議なクレンジング。その秘密は、90.4%が美容成分でできているから。

マナラは、Wクレンジングしない、8つの無添加などのこだわりがあります。丁度フルリとは逆のコンセプトになっています。
45日間商品代金返金保証付き。

>>>詳細はこちらから

5位 ライスフォース アクポレス

>>>詳細はこちらから

アクポレスは、スキンケア化粧品の人気ブランド「ライスフォース」の毛穴・ニキビケアシリーズです。

毛穴・テカリ・黒ずみ・大人ニキビの改善に効果があり、ヘアメイクやモデルにも人気のスキンケア・コスメです。

お米から研究開発された「ライスパワーエキス」で、化学物質を一切含まないので、安心して使うことができます。

全国送料無料、使用後でも返品OKのスターターきっともあります。

>>>詳細はこちらから

治すための重要なポイントとは

 しっかり汚れを落とし、肌にやさしい洗顔料
キメの細かい泡で洗うという洗顔料も有りますが、こういった界面活性剤系よりもクレイ洗顔のような吸着して落とす、という洗顔料も注目されてきています。

 低刺激で肌にやさしいオイルフリーの化粧品
加齢により皮膚の厚さは段々と薄くなってゆきます。
それにしたがって外からの刺激にも増々弱くなっていってしまいますので、出来るだけ低刺激性の化粧品を選ぶようにしましょう。

 有効成分の浸透力が高い化粧品
高濃度ビタミンC、ヒアルロン酸等、治すばかりではなく肌のコンディションも整えてくれる有効成分が、肌のバリヤーである角質層を突破して、奥の方まできちんと届くのかどうか。多くのメーカーがその為の技術を開発しています。

 サポートのしっかりした会社
残念ながら化粧品会社によってはサポートを疎かにしている、またはサポートが無い会社というのも有ります。顧客の声をきちんと吸い上げている会社は、製品にもそれを取り入れ、改良を重ねている良い製品を作っているという、1つの目安でもあります。

公開日: